トップ > お知らせ > つべつ町のお知らせ > 第4回全国木のまちサミット2018inつべつ 開催のお知らせ

つべつ町のお知らせ

つべつ町のお知らせ

第4回全国木のまちサミット2018inつべつ 開催のお知らせ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 『胆振地方中東部地震の影響による開催の影響は現在のところありません。    
  ご心配をおかけしておりますが、予定通り準備を進めております。』

 地震による影響についてはトップページに掲載しております。【トップページへ】このリンクは別ウィンドウで開きます

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


標記のとおり、木材利用に積極的に取り組んでいる全国の地方自治体、林業・木材産業事業者、ハウスメーカー、消費者等が一堂に会す、全国サミットが津別町で開催されます。
詳細については、現在検討中です。
決定いたしましたら、こちらのページで改めてご案内いたします。
更新まで、しばらくお待ちください。

開催趣旨

 充実しつつあるわが国の森林資源、とりわけ木材(地域材)を有効に活用することは、森林の有する多面的機能の持続的な発揮はもとより、山村等の基幹産業である林業・木材産業の成長産業化、さらには、都市住民を含む国民の潤いのある生活の実現を図る上で喫緊の課題となっています。このような中、地方自治体など地域関係者の主導により、創意工夫を凝らしながら、公共建築物の木造化や内装の木質化をはじめとする木材利用に積極的に取り組む広がりを見せています。
 本サミットは、木材利用に取り組もうとしている全国の市町村等の関係者が一同に会し、地域材利用促進のための課題とその解明策を一緒に考え都市部を含む全国において木材利用の促進と国産材自給率の向上を加速化する足掛かりとするものです。
 第4回(平成30年度)は「愛林のまち」津別町での開催が決定しました。木材利用の流れを加速化させる契機にすること、津別町の林業・林産業、木材利用を事例として全国発信の場とするものです。
 なお、今回は、北海道未来事業(北海道150年事業)登録し実施します。

主催

第4回全国木のまちサミット実行委員会 (委員長 津別町長 佐藤多一)

後援

林野庁、公益社団法人国土緑化推進機構、北海道、オホーツク町村会、北海道森林組合連合会、一般社団法人北海道造林協会、一般社団法人北海道治山林道協会
北海道木材産業協同組合連合会、北海道素材生産業協同組合連合会、公益社団法人北海道森と緑の会、北海道新聞社、読売新聞北海道支社、朝日新聞北海道支社
NHK北見放送局、TVhテレビ北海道、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送

協賛

一般財団法人日本森林林業振興会、(株)スチール、(株)ファナージャパン

協賛(呼びかけ人)

≪本趣旨に賛同し、「呼びかけ人」としてご賛同いただいた市区町村≫
北海道下川町、岩手県住田町、秋田県能代市、山形県金山町、山形県鶴岡市、埼玉県ときがわ町、東京都港区、東京都品川区、東京都檜原村、神奈川県小田原市、山梨県早川町
山梨県丹波山村、岐阜県東白川村、岐阜県白川町、静岡県浜松市、愛知県豊田市、岡山県西粟倉村、高知県中土佐町、高知県梼原町、高知県四万十町、高知県四万十市、熊本県小国町
大分県日田市、宮崎県諸塚村

開催日

2018年10月11日(木)・12日(金)

開催場所

津別町中央公民館
〒092-0224 北海道網走郡津別町字豊永5-1
TEL:0152-76-2713 / FAX0152-76-2477

タイムスケジュール

10月11日(木)

  1. 開会
  2. 開催地歓迎あいさつ(津別町長)
  3. 来賓あいさつ
  4. 基調講演
  5. 記念講演
  6. 課題別事例発表
  7. 歓迎公演(アイヌ古式舞踊)
  8. 次回開催提案
  9. 閉会

10月12日(金)

  1. 現地視察
    ※町内の森林現場、木材会社等を検討しています。
  2. 解散

参加申込等

  • 申込方法  下記申込用紙をダウンロードのうえ、FAXにて申込ください。
  • 申込先    下記「申込み・お問い合わせ先」までお願いします。
  • 申込期日  平成30年9月15日

申込み・お問い合わせ先

第4回全国木のまちサミット実行委員会
事務局(産業振興課 林政・再生可能エネルギー推進Gr)
〒092-0292 網走郡津別町字幸町41番地 津別町役場
TEL:0152-76-2151 / FAX:0152-76-2976

ダウンロード

お知らせ

産業振興課 林政・再生可能エネルギー推進Gr

このページのトップへ