トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 介護 > 地域包括支援センター

介護

介護

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、高齢者の方を総合的に支えていくための拠点として、平成18年4月に役場内に設置されました。
ここでは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーが中心となって、介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的支援が行われます。

地域包括支援センターが行う主な事業

● 介護予防ケアマネジメント

  介護予防の相談や介護予防ケアプランの策定などを行います。

● 総合相談・支援

  介護予防の相談や介護予防ケアプランの策定などを行います。

● 権利擁護、虐待早期発見・防止

  高齢者の人権や財産を守る権利擁護事業の拠点として、成年後見制度の活用や虐待の早期発見・防止を進めていきます。

● 地域のケアマネジャーへの支援

  ケアマネジャーのネットワークの構築や、困難事例に対する助言などを行います。






 津別町地域包括支援センターは、役場内にあります。
 
   電話76−2158(直通)   
     
   お気軽にご相談ください。

保健福祉課

このページのトップへ