トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 介護 > 地域支援事業

介護

介護

地域支援事業

高齢者の方が現在の元気な状態を保ち、介護が必要な状態にならないよう予防するとともに、要介護状態等になった場合においても、可能な限り地域で自立した日常生活を営むことを目指す事業です。
地域支援事業は次の3つで構成されています。

 一般介護予防事業

○介護予防把握事業
 閉じこもりや歩行の大変な方等、何らかの支援を要する高齢者の方を早めに把握し、介護予防活動につなげる事業です。

個別訪問

対象者      今年度75歳、80歳、85歳、90歳を迎える方。
          なお、すでに要介護認定を受けている方は対象外です。

主な内容     職員による訪問。
          生活状況の把握、健康相談、必要な介護・福祉サービスのご紹介。
           
お問合せ先   地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

安否確認訪問

対象者      65歳以上の一人暮らしまたは高齢者夫婦世帯で虚弱の方。かつ介護保険等の在宅サービスを利用せ                    
          ず、近隣・身内による安否確認や他者との交流頻度がおおむね週1回以下の方。

主な内容      ホームヘルパーが訪問し、安否を確認する。
          1回30分未満。おおむね月1回程度。
           
お問合せ先   地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

○介護予防普及啓発事業
 介護予防の重要性を住民の方へ広めたり、介護予防に関する教室を開催する事業です。

通所型介護予防事業(ミズナラ倶楽部)

対象者      65歳以上の方のうち、閉じこもり、物忘れ、運動機能等の面で予防が必要な方。
 
主な内容    送迎、手工芸、ゲーム、軽体操など

開催場所    津別小学校内

開催日時    週1回(火曜日クラス・金曜日クラス〜女性対象、水曜日クラス〜男性対象)
           火曜・金曜日クラス:10時~15時
           水曜日クラス     :13時半~15時半

利用料      通所1回につき 火曜・金曜日クラス 756円(昼食代として)
              
お問合せ先  地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

     

         介護スタッフが付き添って
         会場の津別小学校に送迎用ワゴン車が到着しました
       

       

     津別小学校の空き教室が会場です                
     ゲームやちぎり絵、手芸や工作、
     軽体操などを行います

                       

 

                                   


    押し花のしおり作り。細かな作業で真剣です!

    男性の調理実習。包丁の腕前もなかなかです。

    フーセンバレーで体を動かします。

健康教育

各種団体の集まりやイベントに出向き、介護予防や高齢者の健康に関する講話や実技を行います。
この他、介護予防や認知症に関する講演会を毎年実施しています。

お問合せ先:地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

転倒予防教室

対象者     町内在住の65歳以上の方で、腰や膝に痛みがあり歩行や立ち上がり動作に支障がある方。
    
日時       前期:平成29年6月22日~9月21日        週1回 全14回 13時半~15時
             後期:平成29年11月9日~平成30年2月22日  週1回 全14回 13時半~15時

内容           椅子に座ってできる体操・筋力トレーニング、体力測定
    
お問合せ先 かるっちゃつべつ事務局(中央公民館内 0152-76-2713)


                        
                          
                       椅子に座って軽運動中
                       楽しいと、不思議と体が動きますね

○地域介護予防活動支援事業
 住民の方が主体となって取り組む介護予防活動の支援を行う事業です。

サロン事業

【ふれあいいきいきサロン】
各自治会ごとに高齢者の方が集まり、交流する場(サロン)の開設を支援します。

対象者              主に65歳以上の方ですが、お手伝いをする方は65歳未満の方も対象となります。

日時                  おおむね月1回以上の開催。時間や場所は各サロンで決定します。

利用料              必要な場合は各サロンが定めます。

現在開催中のサロン:高台町、柏町、豊永4、東町、東達美、相生(相生中央、相生2)、本岐地区(双葉、沼沢、本岐市街、本岐2、木樋、二又、大昭、布川)

★新規にサロンを開設する自治会には、初年度準備金として10,000円を助成いたします。また新規はもちろん、翌年以降も運営費として1ヶ月2,500円を助成いたします。

お問合せ先       地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

 

     

               皆さんで笑顔で踊ります。
                                                                                                             室内ゴルフに挑戦!
       

       

                                             運動サロン。
                                             皆さんで運動指導の先生の
                                                    お話を聞きながら、一休みです。

                       

【運動サロン】
お近くの会館で高齢者の方が集まり、運動する場(サロン)の開設を支援します。

対象者                主に65歳以上の方ですが、お手伝いをする方は65歳未満の方も対象となります。

日時                   おおむね月2回開催。時間や場所は各サロンで決定します。

利用料               1回500円

現在開催中のサロン:共和生きがいセンター(主に共和2・3・4、豊永3にお住まいの方ですが他の地区の方も!)
              西区寿の家(主に緑町1・2・3、西町にお住まいの方)

★運営費として1ヶ月2,500円を助成いたします。

お問合せ先      地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

介護予防いきいきポイント事業

地域におけるボランティア活動を通して社会参加および生きがいづくりを支援する事業です。

活動に応じて得たポイントを町内で使用できる商品券に換券できます!

対象者             40歳以上の方。
                 事前に研修を終了し、登録が必要です。

事前研修         1回目 平成29年7月19日予定     

対象となるボランティア活動例 : 給食サービスの配達、託児、地域のサロン、1人暮らしの方への絵手紙、施設慰問

お問合せ先     津別町社会福祉協議会(0152-76-1161)

○地域リハビリテーション活動支援事業
 リハビリの専門職がご自宅や、サロン、デイ、施設等に伺い、介護予防に関する運動やリハビリの助言を行う事業です。

リハビリ評価訓練事業

対象者       おおむね65歳以上の方、およびその支援をしている職員の方

専門職の種類  理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

派遣先       医療法人ケイ・アイ オホーツク海病院 (北見市端野)

お問合せ先   地域包括支援センター(役場内0152-76-2158)

包括的支援事業

高齢者が住みなれた地域で、尊厳あるその人らしい生活を継続することができるようにするため、心身の健康の維持、保健・福祉・医療の向上、生活の安定のために必要な援助、支援を包括的に行う事業です。

介護予防ケアマネジメント業務

要介護認定「要支援1」、「要支援2」、「事業対象者」の方が対象です。
自立保持のための身体的・精神的・社会的機能向上を目標として、スクリーニングを実施し、
(1)アセスメント、(2)介護予防プランの作成、(3)サービス提供後の再アセスメント、(4)事業評価を行っています。

★「要介護1~5」の方は津別町居宅介護支援事業所(0152-76-3400)が担当いたします。

お問合せ先    地域包括支援センター(役場内0152-76-2158)

総合相談支援業務

高齢者の方が住み慣れた地域で安心して、その人らしい生活を継続するためには、介護保険サービスにとどまらない様々な制度の利用や支援が必要になってきます。高齢者の方に関するどのような相談でも行っておりますので、どうぞお気軽に地域包括支援センターにご相談ください。

お問合せ先  地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)

権利擁護業務

(1)高齢者虐待
    高齢者虐待の防止のために啓発活動を行っています。また、虐待に関する相談を随時受けています。
(2)成年後見制度の活用
    高齢者独居・夫婦世帯などの成年後見および任意後見制度に関する相談・対応を行ています。必要に応じて家庭裁判所への手続き等についても相談に応じています。
(3)消費者被害の防止
    認知症の方に対する訪問販売による消費者被害防止のため、消費者相談窓口となる担当係と情報連携を行い、被害防止に努めています。

お問合せ先  地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)
         津別町社会福祉協議会(0152-76-1161)

包括的支援事業(社会保障充実分)

在宅医療・介護連携推進事業

医療と介護、どちらも必要とする高齢者の方へ支援を一体的に提供するための事業です。

・地域の医療・介護の資源把握
・在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討
・在宅医療と在宅介護の情報提供の構築
・医療・介護関係者の情報提供の支援
・在宅医療・介護連家に関する相談支援
・医療・介護関係者の研修会
・地域住民への普及啓発
・在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

お問合せ先  地域包括支援センター(役場内 0152-76-2158)
        

生活支援体制整備事業

地域の民間企業、ボランティア、NPO法人、老人クラブ等と連携しながら、高齢者の方の生活を支える体制や、まだまだお元気な高齢者の方が社会参加し、支える側になるような仕組みを作る事業です。

生活支援コーディーネーターが中心となって進めていきます。

お問合せ先  津別町社会福祉協議会(0152-76-1161)
         
        

認知症総合支援事業

【りんぐ☆つべつ】(認知症初期集中支援事業)

「認知症かな?」と周りの方が気がついてもご本人が受診を嫌がっている、ご家族やご近所の方と「物を盗った」等のことでトラブルになっている、デイサービス等に行くのを嫌がって困っている方のご自宅に訪問します。
訪問後、職員が医師に訪問時の様子を報告してアドバイスを得て、必要なサービスにつなげていきます。

対象者                     40歳以上の方。
                         認知症の診断がありながら、診断を受けていない方。
                         認知症の診断がありながら、介護サービスを受けていない方。

訪問する職員          北見赤十字病院 認知症看護認定看護師
              津別町地域包括支援センター 職員

協力医                     北見赤十字病院 精神神経科医師 (認知症サポート医)

お問合せ先          地域包括支援センター(役場内0152-76-2158)



【認知症地域支援・ケア向上事業】
認知症の方が津別町で安心して暮らすことができるように、医療や介護、地域のサービスでネットワークを形成したり、家族の方が相談できるような体制づくりを行う事業です。

認知症地域支援推進員を中心に進めていきます。

お問合せ先  津別町社会福祉協議会(0152-76-1161)
         
        

任意事業

認知症高齢者見守り事業

【安否確認訪問】
対象者     65歳以上の認知症又は認知症が疑われる方で、1人暮らしまたは老夫婦世帯の方。
          介護保険サービスを利用せず、知人や身内による交流頻度が週1回以下の方。

内容                ホームヘルパーによる訪問。
                 1回30分未満

利用料     無料

お問合せ先  津別町地域包括支援センター(役場内0152-76-2158)


【SOSネットワーク事業】
認知症による徘徊で行方不明になった高齢者の方を、地域の支援を得て早期に発見するネットワークに関する事業です。

(1) メール配信システム「ささえあいねっと@つべつ」
   趣旨に賛同いただいた住民の方にメール登録いただき、行方不明の高齢者の方に関する情報を配信し、捜索の   
   協力を得ます。

(2 ) 徘徊高齢者捜索模擬訓練
   1年1回実施。
   モデルの高齢者を住民の皆さんと一緒に探す模擬訓練を行います。
   あわせて認知症サポーター養成講座も行います。


お問合せ先:地域包括支援センター(役場内0152-76-2158)

 

保健福祉課地域包括支援センター

このページのトップへ