トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 障がい福祉 > ヘルプマークについて

障がい福祉

障がい福祉

ヘルプマークについて

北海道において、障がい者であるものの、援助や配慮を必要としていることが外見からはわからない方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなることを目的としてヘルプマークという取り組みが始まりました。

《対象者》
 ○義足や人工関節などを使用している方
 ○内部障がいのある方
 ○精神障がい者
 ○知的障がい者
 ○発達障がい者
 ○難病の方
 ○妊娠初期の方    など
 ※外見からは援助や配慮を必要としていることがわかりにくい方が対象となっております。

《使用方法》
①着用方法
 ○ストラップを利用してカバン等につけて使用します。
 ○常時着用する、もしくは必要なときに着用するなど用途に応じて使用してください。
 ※ストラップ部分がドアに挟まらないようにする、紛失しないようにするなど注意してください。
②付属のシール
 ○ヘルプマークの裏面に付属のシールを貼ることができます。
 ○シールには、利用者が周囲の方に伝えたい情報や必要とする配慮などの内容を記入することができます。
  例:名前、何かあった際の連絡先、医療機関など

《配布方法》
窓口において本人、または家族の方が申し出をしていただくことで、1人につき1個配布いたします。

《窓口》
保健福祉課 介護福祉グループ 福祉担当

~「ヘルプマーク」を見かけた際にお願いしたいこと~

①電車やバスなど、公共交通機関では席を譲ること
 外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。また、外見からはわからないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスに感じることがあります。

②駅や商業施設などで
 交通機関の事故など、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

③災害時、安全に非難するための支援
 視覚障がい者や聴覚障がい者などの状況把握が難しい方、肢体不自由などにより自力での迅速な避難が困難な方がいます。

「ヘルプマーク」を使用している方を見かけた際には、ご配慮いただきますようよろしくお願いいたします。

保健福祉課

このページのトップへ