トップ > くらしの情報 > 手続き > 【令和2年度第2回】津別町人づくり・まちづくり活動支援事業募集のお知らせ

手続き カテゴリ画像

津別町人づくり・まちづくり活動支援事業

【令和2年度第2回】津別町人づくり・まちづくり活動支援事業募集のお知らせ

 町では、平成23年度より津別町人づくり・まちづくり活動支援事業として、町の産業、福祉、芸術文化、スポーツ、コミュ二ティー活動など各分野において、地域の活性化を図ることを目的に、まちづくりのリーダーの育成および団体の自主的なまちづくり活動を支援いたします。皆さまのさまざまな「人づくり・まちづくり事業」をお待ちしています。

募集期間

令和2年8月3日~8月28日(審査会は9月に開催予定)

対象事業

○人づくり活動支援事業
 町民が、国内外の各種研究機関や関連団体等に研修する事業
○まちづくり活動支援事業
 団体が行う新規又は既存の活動の拡充となる自主的なまちづくり活動とする事業
※要件(上記の2事業は、次の要件にすべて該当していることが必要です)
 (1)公益性が高く、将来性が見込まれる事業 
 (2)もっぱら営利を目的としない事業 
 (3)政治活動又は宗教活動を行う事業でないこと。
 (4)実施計画および収支計画が明確な事業

事業期間 令和2年4月1日〜令和3年3月31日
(※過去に申請した団体でも別事業での申請が可能になりました。)

対象団体および個人(次の要件にすべて該当していることが必要です)

≪個人≫
・津別町に居住している18歳以上の者(対象事業 〜 人づくり活動支援事業) 
≪団体≫
・活動拠点が町内にあること。
・5人以上で組織され、構成員の半数以上および代表者が町民であること。
・団体の規約などを有し、活動計画および資金計画が適正であること。 
・法令に違反する活動をしていないこと。
・公の秩序又は善良な風俗を害する活動をしていないこと。(対象事業 〜 まちづくり活動支援事業)
※団体においては、団体名義の口座が必要になります(採択後、補助金を町から団体へ振り込むため)。

事業申請から補助交付決定までの流れ

※必要な書類(様式)は、下記よりダウンロードできます。

≪審査委員会(プレゼンテーション)での審査基準≫
・住民企画課の審査を経てから、審査委員会において、申請者より直接審査委員に事業説明を行います。
・審査の基準(ポイント)は、次のとおりです。
(1)事業の計画性、妥当性 
(2)事業の発展性、継続性 
(3)事業の先導性、ユニーク性
(4)地域活性化への波及効果(地域のおける事業の必要性を含む)
(5)町民の参加(参画)度(まちづくり活動事業)
(6)各分野のリーダー育成への効果(人づくり活動事業)

補助額

総事業費のうち、補助対象経費の総額以内です(下記の表を参照ください)
補助対象経費および補助対象外経費(表)[PDF:123KB]
(※補助対象外経費でも審査委員会で認められたものについては対象経費となります。)

●1事業あたりの補助金の交付金額は
 ○人づくり活動支援事業
 ・補助対象経費の二分の一以内 ・限度額 国内研修8万円 海外研修20万円
 ○まちづくり活動支援事業
 ・補助対象経費の総額以内 ・限度額 100万円(※下限額は5万円とする)
  ※補助対象事業に要する経費のうち、本補助金以外に他の諸収入があるときは、差し引いた額とする。

問い合わせ・申請先

津別町役場 住民企画課 企画係
 TEL 76−2151(内線227)・FAX 76−2976
 不明な点など、お問い合わせください。

参考(令和元年度に採択された事業)
《人づくり事業》
国際木工・林業機械見本市の視察
《まちづくり事業》
映像で食・ひと・ことプロデュース発信事業、活汲地区納涼盆踊り大会、障がい児の青年期の自分らしいくらし方を考察し障がい者支援を充実する事業、ファイターズベースボールアカデミーによるフィールドクラブ開催


・・・ 皆さまからのさまざまな「まちづくりアイデア事業」をお待ちしています ・・・


住民企画課

このページのトップへ