トップ > つべつの紹介 > 財政情報 > 統一的な基準に基づく財務書類

財政情報

財政情報

統一的な基準に基づく財務書類

国の示す「統一的な基準」に基づき、津別町の財務書類を公表します。

統一的な基準に基づく財務書類とは?

統一的な基準による財務書類は、企業会計と同様の複式簿記や発生主義会計の概念を導入したのもので、これまでの「収入」と「支出」の現金の動きに加え、町が所有する土地や建物などの固定資産や負債などのストック情報などの動きを見ることができます。
さらに、全国の各自治体が統一的な基準により財務書類を作成するため、自治体間の財務書類の比較が容易となり、さまざまな指標に基づく分析結果などを財政運営に活用させることができ、町民の皆様にも情報提供することが可能となりました。
(※発生主義:実際の現金の収入や支出に関係なく、事象の発生又は変化に基づき、その時点で収入またはコストとして認識し、計上すること。)

財務書類は、「貸借対照表」「行政コスト計算書」「純資産変動計算書」「資金収支計算書」の4つで構成されています。また、これら4つの表の内容を補足するため、「注記」「附属明細書」を作成しています。

住民企画課財政グループ

このページのトップへ