トップ > つべつの紹介 > 交流 > 国際交流

交流

交流

国際交流

台湾二水郷

平成24年10月8日 二水郷と友好都市協定調印

概要
二水郷は、台湾中部彰化県の最南端に位置し、八卦山脈と台湾の中で最も長い河川・濁水渓に抱かれ、農業が盛んに営まれています。
また、硯の生産地としても知られています。

交流の歴史
昭和63年頃から津別町内でも数多く外国人留学生をホームステイで受け入れていましたが、このうち台湾からの留学生が国別で一番多く、その縁もあり、平成10年2月に津別町国際交流委員会10周年記念事業により15名が台湾へ訪れ、台湾との交流を深めていました。
その後、東京都にある台北駐日経済文化代表處(大使館)から二水郷が日本の町との交流を希望している旨の照会があり、それをきっかけに交流がはじまりました。

平成19年 5月  二水郷許文耀郷長を含め5名来町 ~丸玉産業など町内企業・施設を見学
平成19年11月  佐藤町長を含め11名訪台 ~二水郷砲水祭に参加し、台北の市場調査も行う
平成20年 1月  津別町日台親善協会設立
平成20年 2月  二水郷陳副郷長を含め3名来町 ~でてこいランドを会場とした「冬まつり」に参加
平成20年11月  佐藤副町長を含め11名訪台 ~二水郷砲水祭に参加し物産販売も行う
平成23年11月  佐藤町長を含め7名訪台 ~二水郷砲水祭に参加と友好都市締結協議
平成24年10月  佐藤町長を含め16名訪台 ~10月8日二水郷と「友好都市」の協定調印
平成27年11月  竹俣副町長を含め3名訪台 ~中学生相互交流事業について二水国民中学校教育関係者と協議
平成29年 1月  中学生相互交流事業として津別中学生6名含め9名二水国民中学校訪問

平成29年1月 中学生相互交流事業で二水郷への訪問する中学生

総務課庶務グループ

このページのトップへ