トップ > 観光・イベント情報 > 宿泊施設

宿泊施設 カテゴリ画像

宿泊施設

ホテル

森の健康館 清流と森爛漫の 奥屈斜路温泉 ランプの宿 森つべつ

津別市街地から約24km。津別町上里の森の中にたたずむランプの宿 森つべつ。清流のほかは物ひとつしない静かな自然環境の中でゆったりとくつろいでもらうことをコンセプトとした温泉保養施設です。
泉質は、透明で肌触りのよいアルカリ泉。天然石をぜいたくに使った露天風呂から眺める、深い緑、星空の瞬き・・・。
時間がゆっくりと流れる別世界を味わってください。

  • お問い合わせ先 
     ランプの宿 森つべつ
     網走郡津別町字上里738番地
     電話 0152-76-3333
     FAX 0152-76-3311

体験交流施設 みぃと イン つべつ

「みぃと」には、みんなに会える「meet」の意味が込められ、観光はもちろん、ビジネスやスポーツ合宿、農業体験など、訪れる方々の『出会い』の場を提供するため、広々とした食堂、あたたかな雰囲気の暖炉があるラウンジを設けています。
新館には、研修室を設けていますので、研修や会議にご利用いただけます。
食堂では、宴会だけのご利用も可能です。

  • お問い合わせ先
     みぃと イン つべつ
     網走郡津別町字豊永40 (旧 民宿ティエラ)
     電話 0152-77-3732
     FAX 0152-77-3733

チミケップホテル

チミケップ湖畔の森林に溶け込むようにたたずむリゾートホテルは、静寂に包まれた隠れ家的なオーベルジュ(宿泊もできるレストラン)。
湖に面したテラスでは、風に揺れる木々のささやきと鳥のさえずりを聴きながらティータイムを楽しめます。
道産食材を使いシェフが腕をふるったフレンチの夕食の後は、暖炉の前でくつろぎのひと時をお過ごしください。

  • お問い合わせ先
     チミケップホテル
     網走郡津別町字沼沢204番地 チミケップ湖畔
     電話 0152-77-2121
     FAX 0152-77-2100

ゲストハウス 北海道でてこいランド

北海道でてこいランドは、自然豊かな地元の森林から生産された木材で建設され、森林の息づかいが楽しめます。北海道のつべつ町がそのまま感じられる宿泊交流施設となっております。
また、心身にハンディのある人にもやさしいバリアフリーの施設です。

部屋数と料金(1名)
部屋数 5月~10月/素泊 11月~4月/素泊
未就学児 無料
未就学児 無料
8室(40名)
小学生 1,500円
小学生 1,500円
中学生以上 2,000円
中学生以上 2,500円

 ◎お部屋にバス、トイレ、洗面所なし(共用となります。)
 ◎洗面道具は各自持参ください。
 ◎朝食(昼食) 700円~、夕食 1,000円~

 ※合宿の場合は料金別途となります、ご相談ください。

 ●施設の詳細情報はこちら(クリックください)

  • お問い合わせ
     北海道でてこいランド
     網走郡津別町字共和24番地
     電話 0152−76−1313
     事務局(山内) 電話・FAX 0152-76-3010/携帯 090-8630-3861
     email:mrs724hy@sea.plala.or.jp

地域融合型ゲストハウス  nanmo-nanmo

2020年3月13日に、津別町の中心部にオープンしたゲストハウス。建物は約半年かけて、のべ500人の方とともにリノベーション。館内にはイラストレータ・造形作家である津別町の大西重成氏の作品が。気軽にアートを体感できる泊まれる美術館にもなっています。
「なんも」は北海道弁で「どうってことない」の意味。世話好きな北海道民にとって、はるか昔から親しまれてきた言葉です。この町の玄関になるをモットーに、旅人も町の人も行き交うこの空間で、ちょっとお節介なスタッフはあなたと町を繋ぐコンシェルジュ。遠慮してしまうほど手厚いお節介にも、「なんも、なんも」と気軽に返してくれる。なんもなんもは旅とまちが混じり合う、ちょっとお節介な宿です。

・チェックイン 16時~21時
・チェックアウト 10時

●施設の詳細情報はこちらをクリックしてください。

  • お問い合わせ
    〒092-0235
    北海道網走郡津別町幸町79-1
    電話番号:0152-77-8670
    携帯番号:080-8292-3516
    ※受付時間 8時~20時
    mail:nanmo.nanmo2020@gmail.com

産業振興課

このページのトップへ