トップ > 町づくり > 主な計画 > 津別町新行政改革大綱推進計画(改訂版)

主な計画

主な計画

津別町新行政改革大綱推進計画(改訂版)

 津別町新行政改革大綱は、平成18年3月に策定し、計画期間を平成21年度までと定め、この間「津別町自主・自立まちづくり検討会議」の提言を尊重しながら、新行政改革大綱推進計画や自主・自立まちづくり推進計画において、行財政改革の取り組みを進めてきました。
 津別町は、平成22年4月からスタートする本町の最上位計画として、「第5次総合計画」を策定しました。この計画の策定の基本的な考え方は、本町の将来像を地域のみんなの行動により描いていこうというもので、行政は、地域経営を進めていくための一組織という考え方が基本となるものと考えられ、18年3月策定の新行政改革大綱の基本理念(「自分たちの地域を自分たちの手で」)と共通するものです。
 このため、本新行政改革大綱推進計画は、総合計画の一部として、総合計画に基づくまちづくりに向けた地域経営を進める行政の役割や行政経営のあり方として位置づけるものです。

津別町新行政改革大綱推進計画(改訂版)(Word)

アクションプラン(Word)

アクションプラン個票(Word)

総務課

このページのトップへ