トップ > 町づくり > 地方創生 > 【採用決定】津別町でまちづくり会社を立ち上げ、主導していく統括マネージャーを募集!

写真:トップビジュアル

地方創生

【採用決定】津別町でまちづくり会社を立ち上げ、主導していく統括マネージャーを募集!

お知らせ

  • 平成30年1月30日 募集開始しました
  • 平成30年2月  9日 Q&Aを掲載しました
  • 平成30年2月15日 Q&Aを掲載しました 
  • 平成30年5月24日 統括マネージャーが決定いたしました 

※ホームページの情報を更新する際は、下記Facebookページにて周知を行います。
https://www.facebook.com/TsubetsuReborn/

 

統括マネージャーの採用が決定しました

約3カ月に及ぶ厳正なる選考を経て、(仮称)津別町まちづくり会社統括マネージャーの採用が内定いたしました。

  • 採用内定者
    松林 尚史(まつばやし なおふみ) 男性、36歳
    千葉県出身、慶應義塾大学卒、東京都在住、外資系コンサルティング会社勤務
    7月中旬に家族3人で津別町へ移住後、着任予定
  • 松林氏の採用後のコメント
    マネージャーに就任致しました松林です。
    日々、気持ちが高まりつつも、これまでとは違う大きな大きな責任感を感じています。
    私のキャリアの全てをかけて全身全霊取り組まさせていただきます。
    私は経営コンサルタントとして、「価値ある変化」をゴールに、様々な企業の問題解決、組織力向上に取り組んできました。
    津別町には多くの資源、魅力的な人・モノが存在しており、まちづくり会社を通じて 「競争力のある津別町を創ること」 、「皆さんが体感できる価値ある変化」を実現すること、が私のミッションだと認識しています。
    皆さんと同じ町民として、心は一つにタッグを組みながら、仲間として受け入れていただけたら嬉しいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。
  • 選考情報
    平成30年1月29日~3月2日まで募集受付
     (応募総数49件、うち道内35件、町内在住者0件)

    ・第一次選考:書類選考により10名選考
    ・第二次選考:3月23日(金)~25日(日) 説明会、視察、懇談会、面接により6名選考
    ・第三次選考:4月21日(土)~23日(月) 視察、懇談会、公開審査会(聴講者71名)、面接により1名選考

募集概要

 津別町では、地域経済の循環促進と地域外からの外貨獲得を推進し、民間主体の稼ぐまちづくりを実施するための民間組織として「(仮称) 津別町まちづくり会社」を設立し、安定した雇用の創出と新しい人の流れを作ることで、人口減少に歯止めをかけていくことを目指しています。

 まちづくり会社では、公共事業では取り組むことが難しかった一点に集中した特徴的な取り組みや販売・広報戦略などを行うことで、特色ある魅力的なまちづくりを目指します。

 そこで、平成30年度末のまちづくり会社設立を目指し会社の中心人物として、事業計画策定から設立、設立後の運営まで、まちづくり会社を主導していく統括マネージャーを広く募集します。

 平成33年度末までに単年度黒字化を達成し、平成34年度以降自立運営していく会社とすることが統括マネージャーに期待する役割です。

  • 業務内容
    1.まちづくり会社の設立に関する業務(事業計画策定、出資金集め等)
    2.地域商社業務(津別マルシェ(仮)の立ち上げ運営、ふるさと納税拡大事業(事務代行業務))
    3.移住、起業、空き家利活用の促進事業(移住コンシェルジュ、起業支援、空き家バンク運営等)
    4.その他、当会社の目的を達成するために適当と認められる事業
    5.上記に関する事務的・統括的業務
  • 契約期間
    契約日~平成31年3月31日
    ※最低3年間(平成33年3月31日まで)の継続契約を基本とします。
  • 委託料
    年額 1,000万円(平成30~32年度)
    ※委託料には、報酬の他に、赴任費用、活動経費等を含んでいます。
    ※平成33年度以降の身分、契約条件等は別途協議のうえ決定いたします。
    ※着任時期によって金額が変動することがあることをご了承ください。
    ※委託業務となるため、各種社会保険等は個人加入となります。
  • 選考日程
     
    平成30年3月 2日(金)17:00 第一次選考応募締切
    平成30年3月 9日(金) 書類審査合格通知
    平成30年3月23日(金)~25日(日) 第二次選考(一次面接) ※津別町にて実施
    平成30年3月26日(月) 二次選考合格通知
    平成30年4月21日(土)~23日(月) 第三次選考(公開プレゼンテーション、二次面接) ※津別町にて実施
    平成30年4月24日(火) 最終決定

まちづくりに奮闘する仲間達からのメッセージ

ビデオメッセージ

・つべつ西洋軒 店主 榎本聖さん (北海道 津別町出身)
津別町で飲食店をやっています榎本聖です。
津別産の小麦を使った特産品などを販売しております。
僕は生まれも育ちも津別町です。
こんな大好きな津別町を僕達とタッグを組んで盛り上げていきましょう!
マネージャーお待ちしてます!!
・NPO法人森のこだま 代表 上野真司さん (愛知県 名古屋市出身)
2010年に横浜から津別町へ移住し、観光地域づくりのためのNPO法人「森のこだま」を立ち上げた上野真司です。 温泉ホテルのリニューアルを手始めに、ノンノの森の自然ガイド、津別峠での雲海や星空のガイドなどなど、津別にある資源を活かしたツアーの企画・運営しています。 津別にあるたくさんの可能性を花開かせる「まちづくり」の仕事、一緒に創り出していきましょう!
・河本農場 代表 河本純吾さん (北海道 津別町出身)

津別町で農業をやっております、河本純吾です。
私は、まちなかで宿泊施設をやろうと思っています。
一緒に盛り上げましょう!
・地域おこし協力隊 都丸雅子さん (群馬県 渋川市出身)
平成28年4月から津別町地域おこし協力隊として勤務している都丸です。
津別町にはみなさんに紹介したいお宝がいっぱい。 私が津別町に来て2年が経ちますが、まだまだやりたいこと、出来てないことがあります。 ぜひ一緒に津別町を盛り上げていきましょう!!
・道東テレビ 代表 立川彰さん (静岡県 裾野市)
津別町で道東テレビという映像メディアを立ち上げようとしているビデオグラファーの立川です。
私は、クリエイターが輝けるようなコワーキングスペースを津別町で立ち上げたいと思っています。
統括マネージャーさんと一緒に津別を盛り上げたいです!
・山上木工 専務 山上裕一朗さん (北海道 津別町出身)
山上木工の山上裕一朗です。
私は、家具を作っています。
一緒にものづくりで津別町を盛り上げる仲間を待っています!
・津別町役場住民企画課 地方創生担当 高橋洋行 (北海道 北見市出身)
地方創生を担当している高橋です。
まちづくり会社と津別町役場との橋渡し役はお任せください!
一緒に津別町を盛り上げてくれる方をお待ちしています!
・津別町役場住民企画課 参事 森井研児 (埼玉県 新座市出身)
地方創生を統括している森井です。
民間活力による「まちづくり」という我が町では、前例のないプロジェクトで、手探り状態の中、進めているところです。
一緒に悩みながら、新しいことにチャレンジし、津別町を盛り上げてくれる方を待っています!


 

募集要項

募集の詳細につきましては、こちらの募集要項をご覧ください。
tsubetsu_town_company_manager_saiyo.pdfPDFファイル(495KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

提出書類

下記より様式をダウンロードし、提出してください。

応募方法

平成30年3月2日(金)17:00必着 (郵送・持参またはメール)

〒092-0292 北海道網走郡津別町字幸町41番地
津別町役場 住民企画課地方創生推進グループ
 TEL: 0152-76-2151(内線242)
 メール: tsubetsu.sousei@gmail.com

Q&A

Q) 委託料にはどのような経費が含まれますか?
A) 委託料には次の経費を含んでおります。
 ・報酬(家賃、光熱水費含む)
 ・赴任費用(赴任旅費、引越代含む)
 ・各種社会保険料(個人加入とする)
 ・活動経費
  -活動車両リース費、燃料費(自家用車の兼用も可)
  -業務に係る統括マネージャー本人の出張旅費・研修費等
  -その他、統括マネージャーの裁量によるものとする

 上記委託料とは別に、次の経費を本事業の予算として一定程度確保しております。
 ・「優先的に実施する事業(募集要項8ページ参照)」の立ち上げに係る経費
 ・サブマネージャーの募集経費、人件費
 ・当面は、役場内に統括マネージャーの事務スペースを確保しますので、机・パソコン・インターネット・コピー機・プリンターを利用可能です。

 また、会社設立後は、資本金(出資金)を運転資金とすることを想定しています。

 

Q) 「着任時期によって金額が変動することがあることをご了承ください。」とありますが、これは、5月着任と8月着任とでは3ヶ月分の差が出るという意味ですか。
A) はい、そのような認識で間違いありませんが、委託料ですので単純な月割り計算とはならない想定で、状況に応じて弾力的な対応を考えております。

 

Q) 「平成33年度以降の身分、契約条件等は別途協議のうえ決定いたします」との事ですが、津別町としての想定はありますか?
A) 津別町としては、まちづくり会社の経営メンバーとして平成33年度以降も引き続きまちづくりを推進していただくことを望んでおりますが、その関わり方については統括マネージャーご本人の希望も伺いながら決めていきたいと考えております。
 ただし、平成33年度以降は、行政として金銭面での支援は想定しておりませんので、報酬等の条件面についてはまちづくり会社の経営判断と考えております。

 

Q) 3月23日(金)に伺うことができません。3月24日(土)の移動も可能ですか?
A) 3月23日(金)~25日(日)、4月21日(土)~23日(月)に津別町に訪問・滞在いただけることが応募の条件となります。

 

Q) 女満別空港までの送迎は可能でしょうか?
A) 女満別空港、JR美幌駅までの送迎や滞在中の移動については、町の方で対応させていただきます。

津別町情報

(1)インターネットテレビ局「道東テレビ」

 千葉県船橋市の映像制作会社代表の立川氏が、地域おこし協力隊として移住し立ち上げ中のインターネット媒体。道東一体の情報発信を行うことで、津別町への雇用創出を目指しています。異業種交流会「小松菜ハイボールを飲もうの貝」や町づくり応援バラエティ「つべらない話」などを企画し、津別町のまちづくりの牽引役となっています。

下記ページより、津別町の各種取組が映像で確認できますので、是非ご覧ください。
Facebook:https://www.facebook.com/doutoutv/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC0MJsH3UNTD5DGnvcnFSXfg
HP:http://doutou.tv/

(2)津別町紹介冊子「つなぐ通信 vol.15」

津別町の人の魅力を発信するフリーペーパー
http://tsunagu-t.com/pc/backnumber/vol15/html5.html#page=1

(3)道東エリアリノベーション・プロジェクト・イン津別

 空き家改修とそこで生み出す新規事業を手段に、エリア全体に新たな価値を作り出していくH29年度にスタートしたプロジェクト。H30年度は、パイロット事業として、地域融合型ゲストハウスと起業支援型コワーキングスペースという地域拠点を創出する予定です。

Facebook:https://www.facebook.com/doto.area.renovation/
HP:https://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/20machizukuri/sousei/doto_area_renovation.html

住民企画課 地方創生推進グループ

このページのトップへ