トップ > 町づくり > 地方創生 > 「複合庁舎建設等まちなか再生基本計画」策定状況について

地方創生

「複合庁舎建設等まちなか再生基本計画」策定状況について

概要

 地方創生事業における「まちなか再生事業」は、中心市街地活性化をハードとソフトの両事業の展開から、まちなかの再生を図っていく事業です。
 しかし近年、耐震性に乏しい老朽化施設の更新が急務となってきたことから、先導的事業として「複合庁舎建設等まちなか再生基本計画」を策定し、10年後のまちなかの青写真を描き、計画的に施設整備を行うこととしています。
 ただ施設を建替えるのではなく「まちなか再生」と連動させ、より効果的に施設整備が行えるよう検討する計画ですので、新規に必要となるような施設(健康福祉センターや図書館など)や相乗的効果が期待できる施設(民間事業者も含めた事業所など)も検討の上で計画上に記載する予定です。

町民アンケートの実施(平成29年8月)

  1. まちなか再生基本計画にかかるアンケート調査票PDFファイル(994KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. アンケート集計結果PDFファイル(928KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  3. アンケート自由記述集計結果PDFファイル(831KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

住民懇談会の開催(平成29年10月28日)

日時:平成29年10月28日(土) 13:00~
会場:町民会館大会議室
資料:複合庁舎建設等まちなか再生基本計画策定に向けた中間報告PDFファイル(5540KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
映像:

住民企画課 企画グループ

このページのトップへ