トップ > こどものひろば > スキーを楽しくおぼえよう。

こう工夫して

こどものひろば

スキーを楽しくおぼえよう。

スキーは楽しい

冬になると北国の野山はまっ白な雪におおわれます。あたり一面が、まぶしく銀世界。いよいよ、待ちに待ったスキーシーズンの始まりです。
スキーは、まつ白な雪の上をスピードに乗って自由に滑るスポーツです。うまく滑れたときの気分は最高。たとえ転んでも、なぜかみんな笑顔です。とくに晴れた日はまわりの山々の景色が美しく、見ているだけけでもウキウキしてくるから不思議です。こんな楽しい世界にぜひ飛び込んでみませんか?

スキーの準備

[スキーウェア]

スキーは滑るだけでサッカーや野球みたいに走ったりしないから、ラクそうに思うかもしれませんが、これが以外にたくさんの運動をしているものです。スキーウェアは、大きすぎず、動きやすいウェアを選びましょう。パンツのすそやジャケットのすそが短すぎると、転んだとき雪が入るし、大きすぎても雪や風が入ってきて手や足が冷たくなります。古いウェアの場合は、防水スプレーかけてぬれてもしみない工夫が必要です。

[くつ下]

とくに厚手のくつ下の必要はありません。ただブーツよりも長いハイソックスのほうがよく、くつ下の重ねばきはやめること。くつ下のたるみのせいでブーツが足にあたって痛くなることもあるので、くつ下はきちんとはきましょう。

[ぼうし]

ぼうしをかぶるのは寒いからだけではありません。転んだときに頭を打ってけがをしないように、かならずヘルメットやニットの防止をかぶりましょう。

[グローブ(手袋)]

はめてみてグローブの先があまっていないか、指先をつまんでチェック。また手首部分が短すぎないか、ウェアと重なる部分が十分あるかたしかめましょう。

道具の種類と名前

[スキーとビンディング]

小学生がスキーをはじめる場合は身長と同じか5センチぐらい短いスキーを使いましょう。また、スキー裏側の両サイドにはエッジという刃がついていますから、手を切らないよう注意しましょう。
スキーのまん中についているのはビンディング。これでブーツを留めます。危ない転び方をしたときなどは自然にはずれるようにつくられていますが、すぐにはずれたり、足をひねるぐらい激しく転んだときでもはずれないときは、ビンデイングの開放値(数値で強弱を表示してあります。)を調整してもらいましょう。左右の開放値が違っていても危険ですので開放値は、子供の体重などを考慮して調整してください。

※スキーを選ぶときは、子供の成長を考えると大きめのものを選びがちですが、サイズの合わない道具は上達の妨げにもなります。スキー初心者の場合は、身長マイナス5センチもしくは身長と同じぐらい選びましょう。緩斜面でパラレルターンができるようになったら、滑走性、安定性が必要になるので、スキーの硬さ、重さを考慮しながら身長プラス10センチぐらいのものを選びます。ブーツは幼児や初心者にはリヤエンター、本格的に滑れるようになったら足のホールド感がよいフロントバックルが適しています。

[ブーツ]

スキーブーツは初めての人には脱ぎはきが簡単なリアエントリーがおすすめです。色やデザインより、はいた感じで選びましょう。ブーツに足を入れてバックルをしめ、歩いたりしゃがんだりしたとき、ブーツの中で足が前後に動いたり、かかとが浮かないか、痛いところやしびれところがないかを調べましょう。普段のくつより1〜1.5センチ大きいサイズがいいでしょう。

[ストック]

ストックは、バランスをとったり歩くときに使う2本の棒でストックを選ぶときは、ストックを逆さにしてリングのすぐ下をにぎり、ひじが直角に曲がるくらいの長さのものを選びましょう。決めるときは必ずグローブをはめ、ストラップを通して握って前後に振ってみて使いやすいものを選びましょう。

[ゴーグル]

スキー場は、まっ白な雪が鏡のような役割をするので、太陽の照り返しが強く、海より日焼けしやすいところです。太陽光線をまともに受けて雪目(目が真っ赤になります)にならないためにも、ゴーグルは必ずつけましょう。

[ワックス]

スキーの滑りをよくするためにぬるのがワックスです。硬く引き締まった雪や春のべた雪など雪質に合わせたいろいろなワックスがあります。

[ヘルメット]

スキーでは、転んで頭を打ったりしないとも限りません。大切な頭を守るためにヘルメットが役立ちます。かぶったらずれないよう必ずストラップを留めましょう。ヘルメットが用意できないときは、ニットの帽子をかぶりましょう。

ブーツのはき方

スキーのはき方

ストックの持ち方

スキーのかつぎ方と歩き方

ゆきのうえの準備体操

転び方と立ち方をおぼえよう

[転び方]

みんなの前で転ぶとかっこ悪いし、起き上がるのも大変。転ぶなんていやだと思うかもしれませんが、最初から転ばずにスキーができる人はいません。「転んだ回数だけうまくなる」という言葉もあるように、転ぶことを怖がらずに滑ることが、うまくなるコツです。
転び方には、安全なよい転び方と、ズルズル滑ってしまったりけがをしやすい危険で悪い転び方があります。転ぶときは、なるべく手を広げてストックを踏まないように斜面の高いほうにおしりをつくようにしましょう。転んで立ち上がって、という動作を何回も繰り返すうちに、スキーに慣れ、いつのまにか滑れるようになっていくはずです。

[立ち方]

スキーを始めたばかりの人は、ブーツをはいて歩くだけでも大変なのに長いスキーをはいたまま立ち上がれるのと思うかもしれません。ここでコッを教えましょう。まず、転んだままで両方のスキーをそろえて、①斜面に対して横向きになること②づきにスキーをおしりの近くに引き寄せのこと③ストックもおしりの近くにつくことの順番でやってみて下さい。

スキーに慣れるためお父さんに引っぱってもらいましょう。

スキーは滑るもの。滑るから楽しいのです。なるべく早くその楽しさを体験させてあげましょう。手を引っぱってあげたり、ポンとおしりを押してあげたり、ストックを利用して引っぱったりして、どうしたらバランスがとれるのか、からだの動かし方を自然に身につけると、スピードにも除々に慣れてきます。バランスが取れるようになったら、曲線を描くように回しながら引っぱって見るのもいいでしょう。

[ストックを使って前に進もう]

慣れてきたら自分でスキーを滑らせてみましょう。ストックを使ってこいでみます。やり方は、2本のストックを同時に前(スキーの先端部分の15センチ前を目安に)につき引き寄せます。とにかくけんめいにこいで、スキーを滑らせるコツを覚えましょう。

[方向転換]

行きたい方向にスキーの向きを変えるときは、片方のスキーを開いてもう一方のスキーを引き寄せよせて、また開いて引き寄せて少しづつスキーを動かしていきます。

[キツクターン]

方向を変えるものとして、もうひとつ、キックターンというやり方があります。急な斜面で方向を変えたいとき、少しずつスキーを動かすやり方では斜面の下に向いたときスキーがすべりだしてしまうので、キックターンは必ず覚えておく必要があります。
キックターンをうまくやるためには、まずストックをつく位置が大切です。位置をまちがえると、スキーがストックに引っかかって身動きがとれなくなってしまうからです。まず、下の絵で説明すると、左足のスキーを立てたら、左手のストックを右のスキーの後ろ側へ移動させ、左足を180度回してたおします。それができたら、右手のストックを動かしながら、右のスキーを回します。斜面で実際にやってみましょう。 

斜面に慣れよう

[カニ歩きで登ろう]

滑る前に覚えるのが、斜面の登り方。最初は、横向きになってカニ歩きのように登る「階段登行」をやってみましょう。左右スキーのエッジを斜面に食い込ませるようにして登ります。このときカニ歩きをしながら斜面に対し斜めに登ります。エッジを立てながら右・左・右‥‥と登っていきますが、そのとき、足を置いたらそのスキーを少し前へ滑らしてみましょう。ななめ登りに慣れてくるとカニ歩きより簡単に滑りながら歩いているような感じで登れるようになります。

[スケーテングで進もう]

スケーテングとは、スケートのようにスキーを滑らせて進む方法です。これができるようになると、歩くよりもずっと速く移動できます。スキーをVの字に開いて片方ずつ滑らせますが、このとき、両方のストックをついてななめに前にこぎだすのがポイントです。あわてず片足をじゅうぶんに滑らせてから、次の足を出しましょう。(クロスカントリーの走行と同じです。)

さあ、滑ってみましょう

[デコデコがなくて止まれる斜面で滑ろう]

いよいよ滑ってみます。自分で止まろうしなくても、自然に止まれる場所を選んで練習してみましょう。

※場所の選定
①斜面の下側が受けていて自然に止まれる。
②凸凹が少ない。
③左右に傾いていない。
④侵入者が少ない。
⑤保護者の目が届く範囲で練習してみる。

まっすぐ、ゆっくり滑ってみよう

滑る感じがつかめておもしろくなってきたら、どんどん滑ってみよう。斜面の下を向き、ストックのつっかえ棒をはずしてスターします。腕は少し開いてからだより前にだします。足元ばかり見ないで自分の滑る方向をながめるようにしましょう。

[バランスのいい姿勢を覚えましょう]

斜面を滑るときは、普段歩くときのような立った姿勢ではなかなかバランスがとりにくく、後ろにひっくり返ったりしてしまいます。走るときには歩くときより前かがみになるようにし、ひざを少し曲げて、足の裏全体で雪面を押さえる感覚を覚えましょう。

※こんな姿勢はだめです。
○おしりが落ちる。
○ひざをつっぱって体重が後ろ
○ひざをくっつける
○ストックでブレーキをかける

まっすぐ滑りながらスキーを三角に開く

足をそろえた状態でスタートし、まっすぐ滑りながらスキーを三角に開いていきましょう。スキーを雪からはなさないように滑らせて開きます。意識は、パンにバターをぬるように、エッジを少し立てて押し開きます。つま先は動かさないで、かかとだけを押し開く感じです。

三角を大きくすると、おっと止まれるぞ

三角をもっと大きくしていくと、どんどんスピードが落ち、スキーが自然に止まります。三角を大きくするときはスキーのトップ(先端)まで開かないようにする意識が必要です。何回も練習しコントロールできるようにしましょう。

三角の向きを変えてみる

まっすぐ滑るのに慣れたら、いよいよ曲がってみましょう。右に行きたいときは左足のかかとを押し開いて三角を右向きにします。左に行きたいときは右足のかかとを押し開けば左に行きます。

目標を決めて大きく、小さく曲がろう

曲がるときは、からだを回すのではなく、足に体重を乗せるようにするのがコッです。
体重を右足→真ん中(からだを伸ばす)→左足→真ん中と変えながら、リズムよくすべることを覚えましょう。

ストックワークを覚えターンのレベルアップさせよう

両手にもった2本のストック。これまでは歩いたり、斜面を登ったりするときはに使いましたが、ストックにはまだまだ大切な役割があります。そのひとつが、曲がるときにストックをついて、ターンのきっかけをつくることです。このストックワークを覚えると、ターンのリズムがグンとよくなります。
外側の足を踏み込むことでターンをした直後、背伸びをしながら谷側(斜面の下側)のストックをつくのがストックワークの基本です。下の絵は、左ターンの場合で、背伸びと同時に左手のストックをつき、それから右足を踏み込んで左に曲がっていくわけです。反対に右ターン(右に曲がっていく)の場合は、右手のストックをついて左足を踏み込んでいきます。自由に操作できるように練習してください。

スキーをそろえて曲がってみよう

スキーをそろえるとは、自分の肩幅ぐらいに平行に開くことです。体重のかけ方は、三角にして体重をかけたことを思い出し、動作をリズムよく繰り返しながら、目線は遠くに置きます。体の姿勢は、三角にしたときと同じです。この姿勢は維持します。斜面に対し体を遅れをカバーするため、ストックは絶えず前にかまえましょう。

エッジの使い方を覚え、ターンの仕組みを覚えよう

スキーの裏側のかどについているエッジ。これを上手に使いこなすことは、上達には欠かせない要素です。
エッジを使うことによって、スキーにはブレーキがかかります。スキーを山側(斜面の上側)にかたむけてエツジを大きく立てるとブレーキが強くなり、反対にエッジを立てないようにするとスキーは滑りやすくなるのです。
試しに、下の絵を参考にエッジ角度0から4まで5段階ぐらいに分け、どのくらいでスキーがズリ落ちるか、どのくらいなら立っていられるか確認しましょう。これは、自分なりにエッジの立て方の感覚を覚えることが目的です。いろいろな斜面を活用してエッジの立て方を覚えると斜面の変化に応じたスキー操作が可能となり、ますますスキーが楽しくなります。
三角を基本とした基礎をマスターすることにより、きれいな外見もでき、斜面に応じたスピード感、遠心力や重力から受ける感覚、自分のからだをコントロールする感覚も感じられるます。

「スキーを楽しく覚えよう」に掲載した内容及び絵などの資料は、ベースボール・マガジン社の承諾を頂き「遊びYOUキッズ・スキーイング」をもとに編集しています。

生涯学習課

このページのトップへ