トップ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康 > お母さんと子どもの健康

健康 カテゴリ画像

健康

お母さんと子どもの健康

不妊治療の治療費助成について

不妊治療費の助成について

津別町では、不妊治療を受けている方の経済的な負担を軽減するため、特定不妊治療費助成事業を実施しています。北海道特定不妊治療費助成事業実施要綱に基づく助成を受けた方で、助成された額を差し引いた後もなお自己負担分の治療費が残り、下記に該当する方は必要書類をご持参の上、津別町役場7番窓口までお越しください。

お問い合わせ

津別町役場 保健福祉課 健康推進係
0152-77-8380(係直通)

北見保健所 健康推進課 健康増進係
0157−24−4173

北海道 保健福祉部 子ども未来推進局 子育て支援グループ
011−231−4111 (内線25−770)

妊娠したとき

母子健康手帳の交付

病院から母子健康手帳のお話がありましたら、交付いたします。これは妊婦健診や、産まれてくるお子様の健診、予防接種等について記録していくものです。乳幼児健診等で不在の時もありますので、事前にお電話ください。

妊産婦健診費用の一部助成

病院での妊婦健診(妊婦一般健康診査と超音波検査)費用、産婦健診費用の一部助成を行っております。助成の内容は次のとおりです。
※受診券は2回に分けて交付いたします。母子健康手帳交付時に妊婦健診前期分、妊娠25〜27週くらいに妊婦健診後期分・産婦健診分の受診券を交付いたします。印鑑をお持ちの上、おこしください。

<妊婦一般健康診査>

標準的な健診回数14回分の助成を行っています。
☆前期分:妊娠8週前後、妊娠12週前後、妊娠16週前後、妊娠20週前後、妊娠24週前後、妊娠26週前後
☆後期分:妊娠28週前後、妊娠30週前後、妊娠32週前後、妊娠34週前、妊娠36週前後、妊娠37週前後、妊娠38週前後、妊娠39週前後


<超音波検査>

6回分の助成を行っています。
☆前期分:妊娠12週前後、妊娠26週前後
☆後期分:妊娠34週前後、妊娠37週前後、妊娠38週前後、妊娠39週前後

<産婦健診>

2回分の助成を行っています。
☆1回目:産後2週前後
☆2回目:産後1か月前後

・各週数の健診時に決められた項目の検査に対し助成を行います(項目については、各受診券の下の欄に書いてあります)決められた項目以外の検査や処置等の費用は、自己負担となります。
・この受診券は道内の医療機関のみ使用できます。里帰り出産等で道外の病院で健診を受けられる場合は事前にご相談ください
※新しく転入された妊婦の方も途中から助成の対象となります。母子健康手帳と印鑑をお持ちのうえ、おこしください。

妊産婦通院交通費助成

津別町では、妊婦さんとご家族の経済的負担を軽減し、安心して妊娠期を過ごし出産を迎えられるよう、妊婦健診等に伴う通院交通費を助成しています。
対象者や助成額等、詳しくはこちらをご覧ください。<妊産婦通院交通費助成のご案内>このリンクは別ウィンドウで開きます

赤ちゃん訪問

出産後、退院から生後1ヶ月までの間に保健師が訪問し、赤ちゃんの体重確認、母乳・ミルクの相談、今後の健診や予防接種の受け方の説明などを行います。里帰りの方は帰宅されてから訪問いたします。

母性健康管理指導事項連絡カード

 母性健康管理指導事項連絡カードは、主治医等が行った指導事項の内容を、妊産婦である女性労働者から事業主へ的確に伝えるためのカードです。事業主は、母健連絡カードの記載内容に応じ、男女雇用機会均等法第13条に基づく適切な措置を講じる義務があります。

 働く妊産婦の方は、主治医から指導があった場合、指導事項を的確に伝えるため、主治医に母性健康管理指導事項連絡カードを書いてもらい、事業主に提出しましょう。

 詳しい内容は画像や下記URLをご覧ください。

厚生労働省 母性健康管理指導事項連絡カードについてこのリンクは別ウィンドウで開きます(PDF)

厚生労働省 働く女性の母性健康管理のためのQ&Aこのリンクは別ウィンドウで開きます(PDF)

厚生労働省 女性労働者の母性健康管理等についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

(令和3年7月1日より母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)が改正となりました)

子どもの健診

乳児健診

令和3年度より、乳児健診の方法を変更し、新たに「乳幼児相談会」をスタートします。

詳しくは下記よりご確認ください。

乳幼児相談会についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

1歳6か月児、3歳児健診

1歳6か月、3歳をむかえたお子様に次のように健診を実施しております。
<対 象>
健診日ごとに生年月日が決まっておりますので、下記をご覧ください。

☆対象のお子様には健診が近くなりましたら、ご案内をお送りいたします。
<会 場>
役場庁舎内 健診ホール
<受付時間>
午前中(感染予防対策としていくつかのグループに分けてお呼びします。個別に案内を送付しますのでそちらでご確認ください。)
☆お子さんが自宅でお使いの歯ブラシをご持参ください。
☆ご希望の方は当日無料でフッ素塗布が受けられます。

日程と対象となるお子様(令和3年度)
健診日 対象となるお子様の生年月日
5月18日(火)
1歳6か月健診:令和元年9月3日から令和元年11月18日生まれ
3歳児健診:平成30年3月3日から平成30年5月18日生まれ
8月11日(水)
(8月2日から変更となりました)
1歳6か月健診:令和元年11月19日から令和2年2月11日生まれ
3歳児健診:平成30年5月19日から平成30年8月11日生まれ
11月15日(月)
1歳6か月健診:令和2年2月12日から令和2年5月15日生まれ
3歳児健診:平成30年8月12日から平成30年11月15日生まれ
2月14日(月)
1歳6か月健診:令和2年5月16日から令和2年8月14日生まれ
3歳児健診:平成30年11月16日から平成31年2月14日生まれ

幼児歯科検診・フッ素塗布

町内の指定病院で歯科検診とフッ素塗布を実施しております。
対象の年齢が近づきましたら案内と助成券をご自宅へお送りします。

<対 象>
1歳から就学前の3月31日まで
<助成回数>
お1人年2回分
<指定病院>
津別病院:津別町幸町61番地(76-2121)
しらき歯科:津別町大通り21番地(76-1355)

<料 金>
お1人1回2,450円のうち、400円が自己負担になります。
※歯科検診とフッ素塗布終了後、病院に料金をお支払ください。

☆直接、希望される指定病院に予約をしてください。
☆助成券にはそれぞれ有効期限がありますので、その期間内にご利用ください。

子どもの予防接種

予防接種の種類と対象年齢
予防接種の種類 対象年齢 お知らせ
(1)ヒブ
 (インフルエンザ菌b型)
生後2か月~5歳未満
(2)小児用肺炎球菌
生後2か月〜5歳未満
(3)4種混合
生後3か月〜7歳6か月未満
(4)3種混合
 (ジフテリア・百日咳・破傷風)
生後3か月〜7歳6か月未満
(5)ポリオ(不活化)
生後3か月~7歳6か月未満
(6)BCG(結核)
1歳未満
(7)麻しん(はしか)風しん混合
【1期】
1~2歳未満
1歳になったら
早めに受けることをおすすめします
(8)麻しん(はしか)風しん混合
【2期】
年長児(小学校入学の1年前)
対象の方には年長さんに進級時に案内をお送りします
お手元に届かない方、転入された方はお申し出ください
(9)2種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳以上13歳未満
令和3年度に限り、小学5年生に進級した方と6年生に進級した方に案内をお送りします。
(10)子宮頸がん
・小学6年生~高校1年生(女子)
令和3年度に限り、小学6年生に進級した方と中学1年生となった方に案内をお送りします。
※厚生労働省より、子宮頸がんワクチンを受ける皆様へのお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きますワクチンを受けた方へのお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きますが出ていますのでご覧ください。
(11)インフルエンザ
生後6か月歳から
(津別町の助成対象は満1歳から中学3年生)
今年度の助成期間は未定です。決定したらお知らせいたします。
(12)水ぼうそう
満1歳~就学前まで
(そのうちまだ、水ぼうそうにかかっていないお子様)
正規の対象は3歳未満までとなりますが、津別町では就学前まで無料となります。
(13)日本脳炎
・生後6か月から13歳未満(※ただし、7歳6か月から9歳未満は対象外)
・平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれで、20歳未満の方
(14)B型肝炎
1歳未満
ロタウイルス
生後6週から32週のお子様
令和2年度よりロタウイルスワクチンは定期接種となりました。
ロタテックワクチン(3回接種)、ロタリックスワクチン(2回接種)どちらも同様の効果があると言われています。
病院によってどちらかしか受けられない場合がありますので予約時にご確認ください。
おたふくかぜ(任意)
満1歳~就学前のお子様
(そのうちまだ、おたふくかぜにかかっていないお子様)
平成28年度からおたふくかぜのワクチンを町が全額助成し、ご希望の皆様には無料で接種できるようになりました。
まだ1回も接種していないお子様:2回接種(1回目の接種から6か月以上おおむね2年あける)
自費で1回接種したお子様:1回接種
すでにおたふくかぜに罹ったお子様:接種する必要はありません
※お勧め時期が過ぎていても接種できます。
※おたふくかぜの予防接種は任意予防接種となります。

令和3年度 子どもの予防接種の受け方
(接種できる医療機関・日時はこちら)このリンクは別ウィンドウで開きます

定期予防接種を指定医療機関以外で接種希望の方はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。
依頼書申請書はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
助成金交付申請書はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

大人の方へ風しん予防接種について

大人の方へ風しん予防接種の費用を一部助成します

自己負担額
事前の風しん抗体検査は無料
予防接種をした場合には2,000円

風しん予防接種一部助成について<クリック>このリンクは別ウィンドウで開きます
(詳しくはこちらをご覧ください)

新型コロナウイルスの感染が不安な保護者様へ

新型コロナウイルスに自分や家族が感染するのでは、と不安なお気持ちよくわかります。
病院や人が多く集まる場所へ行くのが心配にもなるかと思いますが、厚生労働省から乳幼児健診と予防接種はふだん通り行ってほしいと案内がきています。
お子様の健康を守るために大切なことですので、津別町保健師からもお願いいたします。
<詳細はこちらのリーフレットをご覧ください>このリンクは別ウィンドウで開きます


母と子どもの健康に関するお問い合わせ・ご相談は

保健福祉課 健康推進係
77-8380(係直通)

保健福祉課 健康推進係

このページのトップへ