トップ > くらしの情報 > 手続き > 国民年金の種類

手続き カテゴリ画像

国民年金

国民年金の種類

被保険者の種類

 国民年金の被保険者は保険料の納め方によって3種類に分かれています。20歳以上60歳未満の人であれば必ず1〜3号被保険者のいずれかになります。

第1号被保険者
自営業者、自由業者、学生など
保険料は・・・ 自分で納めます。
月額16,540円(令和2年度)
第2号被保険者
会社員、公務員など
厚生年金や共済組合の加入者
保険料は・・・ 給料等から差し引かれ、勤務先がまとめて支払うので、
個人で納める必要がありません。
第3号被保険者
会社員、公務員に扶養されている被扶養配偶者
保険料は・・・ 配偶者の加入制度がまとめて支払うので、個人が納める
必要はありませんが、届出が必要です。

第3号被保険者の届出

婚姻や退職などで会社員や公務員(第2号被保険者)の配偶者になると、第3号被保険者となりますので、配偶者の勤務先への届出が必要です。
 

保健福祉課

このページのトップへ